最低ラインの費用

データ修復にかかる費用の最低ラインを説明します。

ハードディスクに代表される、デジタル情報の記録媒体は、ハードディスクのような精密機器の微細制御によって行なわれたり、CDROMやDVDROMのような光学式の記録媒体にレーザー照射を行なって記録したりします。 近年の技術革新によって、記録できる容量は指数関数的に増加しており、現在ではハードディスクでは概ね数テラバイト、光学式記録媒体ではDVDROMの4.8ギガバイトとなってきました。 ところが、記録媒体の容量の増加と並行して、データ修復も非常に高度な技能を必要とするようになってきました。特にノートパソコンなどに搭載されている薄型で小型のハードディスクのデータ修復や、スマートフォンで利用しているメモリーカードのデータ修復は高度な技術が必要です。 外部の専門業者にデータ修復依頼をした場合、ダメージの深度によってコストが変わるため一概に価格提示はされませんが、ガイドラインとしては、ハードディスク系のデータ修復が最低二万円から三万円程度、メモリーカード系のデータ修復が最低一万円程度というのが現在の最低ラインのようです。

修復に伴う金額は、トラブルの内容や修復作業内容で大きく変わります。

近年のコンピュータ関連技術の進歩は非常に高速になってきています。 ハードディスクについても、超精密化が進んでおり、低消費電力で高速データ転送ができる大容量の製品が毎年登場します。その性能は、年を追うごとに向上しており利用者にとってはありがたい限りです。 ただし、容量アップを実現する代償として、外部からの衝撃や振動に対しては相変わらず敏感です。そのため取り扱いには十分に留意する事が必須です。 万一トラブルが発生してデータ修復が必要となった場合ですが、修復コストはトラブルの状況や、修復作業内容によって大きく異なるため、傾向性を比較するのは難しいです。 データ修復の一括見積もりサービスを利用しても、前述の要因があるため金額にばらつきが発生しやすいです。 従って、金額の傾向をつかむよりも、これまでの実績や評判、口コミ情報などを掌握するのが得策です。